ストップロスとは何ですか?

損切り(逆指値注文)とは、発注時の価格よりも不利な価格で保有ポジションを決済する注文を指します。損切り(逆指値注文)は、お客様が注文に対して設定する限界点となります。市場価格が損切り値に到達すると、注文が閉じられます。指値/逆指値を設定する際には、現在の市場価格から特定の距離を置く必要があります。各通貨ペアにおける必要距離幅のポイント数詳細につきましてはこちらの「指値および逆指値のレベル」をご覧ください。

損切り(逆指値)は、市場がお客様に不利に動く際に損失を最小限に抑えるのに有効です。損切り(逆指値)ポイントは、常にその時点での「買い」注文のBID価格より下か、「売り」注文のASK価格より上に設定されます。

こちらのビデオチュートリアルにて、より詳細な説明をご覧いただくこともできます。

サポートが必要ですか?

お探しの回答がヘルプセンターで見つからない場合には、弊社までお問い合わせください。スタッフが喜んでお手伝いいたします。

お客様に弊社ウェブサイトにおける最適な体験をご提供するべく、弊社ではクッキーを使用しております。 詳細を読むか、 クッキーの設定を変更して下さい。

リスク警告: 投資元本を失うリスクが伴います。レバレッジ商品は、全てのお客様に適しているわけではございません。Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示を熟読ください。