XMTradingは、アメリカ合衆国の居住者にサービスを提供していません。

成行注文と即時注文決済の違いは何ですか?

動きの激しい市場で取引する場合、注文を出すまでにポジションを建てることができる価格が変わってしまうことがよくあります。このような場合、成行注文と即時注文決済の主な違いは、注文が執行されるかどうかです。

成行注文では、注文は常に利用可能な最良の価格で発注されます。一方、即時注文決済では、注文が拒否される可能性があり、新たなリクオート価格で発注するか、全く発注しないかの選択を迫られます。

成行注文

  • より高速(注文はミリ秒単位で執行される)
  • リクオートなしの注文執行を保証(価格は市場から直接提示される)
  • ボラティリティが高い時にスリッページが発生しやすい(有利、不利、どちらの方向にも働く可能性がある)
  • 値動きの激しい市場における最善の注文方法
  • より低いスプレッド

即時注文決済

  • より時間がかかる(リクオート価格確認後にのみ注文が処理されるため)
  • 多くの場合、リクオートが発生する
  • スリッページがない(リクオート価格を受け入れるかどうかは自分で決める)
  • 値動きの激しい市場においては、チャンスを逃す結果になる
  • 多くの場合、固定スプレッドを伴う(実際の市場スプレッドよりも広い)

XMTradingでは、常に優れた成行注文を提供し、お客様の注文が迅速かつ要求された価格で発注されるよう努めています。こちらはすなわち、お客様の注文がほぼ100%執行されることを意味します。成行注文の詳細をご覧ください。

サポートが必要ですか?

お探しの回答がヘルプセンターで見つからない場合には、弊社までお問い合わせください。スタッフが喜んでお手伝いいたします。

お客様に弊社ウェブサイトにおける最適な体験をご提供するべく、弊社ではクッキーを使用しております。 詳細を読むか、 クッキーの設定を変更して下さい。

リスク警告: 投資元本を失うリスクが伴います。レバレッジ商品は、全てのお客様に適しているわけではございません。Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示を熟読ください。